カードローンの審査を比較してみた

カードローンの審査を比較してみた

給料日前でお金がないけど、ちょっとまとまったお金が必要、という時に便利なのがカードローンですね。
申し込んだら即日で審査してくれて、即日で必要なお金が手に入るからです。
しかし、勿論誰でも審査に通るというわけではありません。
その基準は会社によって違うのですが、必須な条件というものがいくつかあります。
まず、カードローンでお金を借りるからには当然利息をつけて返済しなくてはいけませんね。
ですから、安定した収入というものがどうしても必要になってきます。
現在は総量規制の問題もあるので、年収の3分の1以上の借金はできないことになっています。
ですから、収入のない人は審査に通ることが難しいでしょう。
次の基準として、信用情報に延滞の履歴がないかどうかということが重要になってきます。
この延滞の履歴は、カードローンだけではなく、住宅ローンやマイカーローンなど、全ての借入に共通します。
ここで過去5年以内の延滞履歴が見つかれば、大手の会社だとほぼ審査に通ることはできないでしょう。
この延滞の情報というのが、所謂ブラック情報というもので、ブラックというのは銀行でも消費者金融でも敬遠されるものです。
きちんとした職についていて収入もあり、延滞した記憶もないのに審査に通らなかったという場合は、属性に問題があるかもしれません。
同じ業界の人がよく延滞していたりすると、自分は基準を満たしていても敬遠されてしまうことがあります。
落ちた理由は大抵公開してくれませんので、まずは自分で信用情報を確認してみましょう。

カードローンと言えば、お金を借りるときはATMを使うことが多く、この方法は欠かせない借入方法です。お金を借りたいと思ったとき、ATMを探すことになりますが、街中において一番簡単にATMを発見することができるのはやはりコンビニです。ここで、一つ覚えておきたい情報ですが、数あるカードローンの種類においてどんな種類でも絶対にコンビニでお金を借りれるというわけではなく、それは金融会社によるということを知っておきましょう。そのため、カードローンを利用するときにコンビニを利用したいなら、それが可能なところへ申し込みをしなければなりません。一般的にはコンビニをつかえることが当たり前と思っている人は多いですが、それは大手の金融会社の大半は提携先が豊富だからです。選ぶ金融会社が変わり小さなサラ金などを利用すると、コンビニを使えないことがあります。申し込み先を比較から選ぶときは上記のように借入方法において、各社はどのようなATMを利用することができるのかをしっかりと比較しておきましょう。この比較作業を省いて適当にカードローンを選ぶと、契約後に自分が持っているカードローンはコンビニを利用することができないことに気付くことがあります。そんな失敗を防ぐためにもそれぞれのカードローンはコンビニを利用することが可能かどうかをチェックしておかなければなりません。また、コンビニを利用できる曜日や時間帯などもセットで比較しておきましょう。

更新履歴